『未来把握』

『未来把握』
2020年7月7日 No Comments NEWS wpmaster



こんにちは!通信事業部の袖山です!(^^)!

暑い日が続きますね。。。

水分補給はこまめにしていきましょう!!

また、コロナウイルスの感染者が再び増加しつつあります。。。

手洗いうがいをしっかりして感染予防を欠かさずにしていきましょう!!!



それでは今日は”未来把握”をテーマに書かせていただきます。



アフターコロナにおいてはどれだけ

“未来把握”をできているかが重要になってきているのではないでしょうか。



例えば、来週あなたの住んでいるところに地震が来ると分かったら、

どのような行動をとるでしょうか?

多くの人が食料や必要不可欠な生活用品を買い、安全な地域に避難する思います。



今回世界中で流行したコロナウイルスは多くの会社に影響を与えました。

その結果、会社が倒産したり解雇になったりした人もいます。

アフターコロナにおいて今までと何ら変わらず組織に依存し、

おんぶに抱っこだった人は数年以内にクビなる可能性があると思います。



サラリーマンのリストラが当たり前になる時代が見えている今、

地震で例を挙げたように、どれだけ未来を把握して

どう準備して未来に供えるかが大事になってくると考えます。



近い将来国や企業に頼っているだけでは上手くいかない時代が来るかもしれません。

年金が貰えるどころか、定年まで企業で働けるかも分かりません。

スキルのない定年間際の社員を企業が守ってくれるでしょうか。

だからこそ、今後はスキルがないと生き残れない社会になるでしょう。



現在日本国内の、コンビニでは多くの外国人店員を見かけます。

その背景として、外国人は『働くために日本に来ている』といった考えのもと

仕事に対する態度が前向きの方が多いそうです。

だから、経営者は文句を言いながら働く日本人よりも外国人の方が雇いやすいと言います。

そのため世界的に見た日本人の価値というのは年々低下していると言います。。。



今の日本の少子高齢化社会問題の深刻さは皆さんご存知かと思います。

高齢者は若者に比べ消費が少ないのが現状です。

その消費が少ない高齢者が増加しているということで、国内市場は徐々に狭まっています。

その状況から脱却するため企業は海外進出をしようとしますが、

前に倣え敎育で育った日本人は外国人に比べて発想力が乏しいようです。。。



そのため、企業の中心に外国人が配置され、何も生み出さない日本人はクビになる。

というのが今後は主流になるのではないかと考えられています。



このような状況をいかに把握し、危機感を持ちどのように行動に移せるか。



結論、、、だからこそ“スキル”が必要になるでしょう。

組織に所属していることに依存せず、“個”の力で稼げるだけのスキルを身につけることが

アフターコロナを生き抜く上で重要になってくるでしょう。



人生日々勉強!!!

常に新しい知見を取り入れていきましょう!!



写真は私が以前行ったサンタモニカです!

早くコロナが終息し、また旅行に行きたいですね!!



以上!!それではまた(^.^)